思考実験叢書①「正しさとは何か」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E6%80%9D%E8%80%83%E5%AE%9F%E9%A8%93%E5%8F%A2%E6%9B%B8%E2%91%A0%E3%80%8C%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%95%E3%81%A8%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%81%8B%E3%80%8D_2-1.jpg

思考実験叢書①「正しさとは何か」

 概要

私たちは正しくなるために何が必要なのか?
正しさに太刀打ちできるものなどない!!

 本書は、現代思想の理論を駆使し、「正しい」という言葉を徹底的に解剖し、愚直までに「正しさ」の意味を考究した理論書です。まず著者は「正しさ」が力であるという前提のもと、「正しさ」を考えるための基本構図を設定。正しさの判定を論理と事実によって行います。しかし、「正しさ」が常に勝つことはなく、「正しさ」が現実には敗北することさえあることを明らかにしていき、私たち人間の本質矛盾を突いていきます。そして「正しさ」の論理と事実の妥当性は人間のコミュニケーションにあるとし、詳細な事例を紹介していきます。また長年の哲学的難問「真理」と「正義」についての考究に入り、締めくくりに「言葉」の力についての鋭利な著者の分析を行います。
 また本書に登場した哲学者たちの著書のブックガイドを添え、哲学ビギナー対しての便利な舵取りを行っております。著者の高田明典は現代思想評論家であり、フェリス女学院大学教授で、これまでに、構造主義や現代思想、メディア、ネット関係の多く書物を出し注目をされております。本書は著者渾身の書き下ろし作品です。

価 格 1,500円(税別)
I S B N  978-4-904209-63-9
著 者  高田 明典
発売日  2015/7/13
仕 様  単行本(ソフトカバー)/ 278ページ
発 売  サイゾー